賃貸アパートの防音対策について

Posted on 6月 8th, 2014 by admin

賃貸アパートは、マンションよりも防音対策が必要と言われています。建物の構造上、仕方がないこともありますが、実際住んでいる人にとって生活音や外部の騒音はストレスになってしまいます。

生活音にも色々な原因が考えられます。水回り、ドアの開け閉め、人の声や歩き回る音、ペット、機械音などから発生する音がトラブルになるので注意が必要です。

賃貸アパートの2階以上に住んでいる方は、日頃から防音対策をして階下に気を遣った方がいいでしょう。できるだけ費用を節約して防音対策をしたい方は、手軽に購入できるグッズがおすすめです。

遮音カーテン、遮音カーペット、防振マット、ドアパッキン、防音壁材などが役に立ちます。遮音カーテンは、アパートの部屋の音を外に漏らさなかったり外部からの音を遮る効果があるので、生活音の防音対策におすすめです。

小さな子どもがいる家庭は、床に遮音カーペットを敷いた方が安心です。音を吸収する効果があるので走り回る音や歩く音が階下に伝わりにくくなります。防振マットは洗濯機の振動や音を防ぐ効果があります。

ドアの開閉音が響く時は、ドアパッキンを取り付けましょう。ゴムやビニール製で形状もいろいろあるので防水や防塵効果も期待できます。壁から伝わる騒音を防ぎたい時は、防音壁材がおすすめです。音響機器のある部屋に使うと外部に音が漏れません。

Categories: 不動産一般

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>